ルテインの効果を実感|毎日のサプリメント習慣で元気を手に入れる

目にいいサプリの紹介

錠剤

抗酸化作用を持つ天然色素

マリーゴールドの花やイチョウの葉、カボチャの実など、自然界には鮮やかな黄色を持つ植物がいくつかありますが、この色の原料となっているのがルテインという成分です。この成分は元来は天然の色素ですが、実はさまざまな効能も持っています。そのため、食事を通してルテインを摂取することは健康の増進に役立ちます。ただ注意が必要なのは、食品に含まれるルテインは非常に微量だということです。ルテインはカボチャのほか人参・トマト・ブロッコリーなどに多く含まれていますが、十分な量を摂取するには人参なら1日当たり10本以上を消費しなければならないと言われています。そのため最近では手軽に補給できるサプリメントが人気を呼んでいます。サプリメントなら1錠当たりの含有量が明記されているので、計画的に摂取することが可能です。

目の健康を守るのに貢献

ルテインはベータカロテンなどと同じカロテノイドの仲間で、優れた抗酸化作用を持っています。そのため細胞が活性酸素によって老化するのを防ぐ働きが期待できます。これは、たとえばお肌を紫外線のダメージから守ったりするのに役立つ働きです。ルテインの持つ効能の中でも特に際立っているのが、目の健康を保つ働きです。ルテインは人の体内にあっては網膜の黄斑部という部分に多く存在していますが、この部位が紫外線等によるダメージを受けると黄斑変性症という眼病を引き起こす恐れがあります。これを防ぐには、サプリメントなどによる外部からのルテイン補給が推奨されています。また、ルテインには飛蚊症や白内障を予防する効果も期待できるとされています。つまりルテインサプリメントは「目にいいサプリ」だと言うことができます。